美活

意外とみられている!年齢の出ない手肌を作るために効果的な三つの習慣

すみれちゃん
すみれちゃん
ふと自分の手を見てみたら乾燥してガサガサになっており年齢を感じてしまった、これまであまり気にしたことはなかったが若い人と手肌を比較するとみずみずしさが全く違うように思う……

とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。

手肌は顔と比較するとスキンケアの注意が向きにくい部位ですが、身体の中でも酷使するパーツなのでケアをしないと年齢が現れてしまいます。

さくら
さくら
この記事では、年齢の出ない手肌を作るための3つの習慣について紹介します。

年齢の出ない手肌をつくるために効果的な3るの習慣

「顔のスキンケアのついでにハンドケア」

毎日顔は化粧水や美容液などを使ってケアをするように、手肌も毎日朝晩保湿ケアをすることが望ましいです。
簡単なのはフェイスケアのついでに、手についた化粧水や美容液、オイルを手にも馴染ませていく方法です。
これなら使うアイテムもたくさん増やす必要がありませんし、今日からでも手軽に実践できます。
水分を叩き込んで浸透させオイルやクリームで蓋をすれば、手肌のキメも細かくなりますしハリも出てきますよ。

「ハンドクリームを塗ることを欠かさない」

化粧水などのスキンケアアイテムを使う他にも、日中は手の甲側だけでもハンドクリームを塗ることを欠かさないようにしましょう。
しっかりお手入れをしていても手を洗ったり指先を使う作業をした時など、手肌は乾燥しやすいパーツです。
特に仕事で布や紙、水に触れることが多い方は肌の油分も吸い取られ乾燥しやすいため、気づいた時にこまめにハンドクリームを塗ることを心がけてください。

「手肌の負担になる習慣を極力断つ」

日常生活の中には手肌に負担をかけ荒れに繋がる習慣が潜んでいるので、手荒れの要因はなるべく遠ざけることを意識してください。
例えば食洗機を導入する、掃除や庭仕事をする時は薄手のビニール手袋を使用する、時々手を確かめてカサついていたらその都度クリームを塗る、僅かな時間帯の外出でも日焼け止めを使うなどです。
これまで対策をしてきていないと少々面倒に感じられるかもしれませんが、手肌の美肌習慣を継続することで年齢の気にならない肌を育てていくことができますよ。

まとめ

以上、意外と見られている! 年齢の出ない手肌を作るための3つの習慣の内容でお送りしました。
手は仕事のシーンでも人前に出す機会が多く、自分で思っている以上に人に見られやすいパーツです。
年齢が出やすい手の甲や指の節には特にこまめにしっかりオイルやクリームを塗り込み、乾燥から守ってやるようにしましょう。

いつでも簡単!ネイルチップを使ったネイルアートの魅力・メリットとは? とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。 ネイルアートのやり方としてはマニキュアやジェルネイル、スカルプな...
上質な仕上がりのサロントリートメントを長持ちさせるための3つのコツ! とお悩みになったことがある方も多いのではないでしょうか。 サロントリートメントは市販のトリートメントと比較すると効果期間が...
Translate »