ライフスタイル

花粉症が酷い!悪化させないためにできる日々の習慣・対策3選

すみれちゃん
すみれちゃん
毎年春になると花粉症が酷く外に出ることを考えるだけで憂鬱になる、外に出た後は花粉症の症状が酷くなるので外出をするのも躊躇ってしまう……

とお悩みになったことがある方もいるのではないでしょうか。

今や国民の約半数が悩まされているといっても過言ではない花粉症ですが、悪化を防ぐためのコツを実践すれば多少は楽に過ごせるようになります。

さくら
さくら
本記事では、花粉症が酷い! 悪化させないためにできる日々の習慣3選について紹介します。

花粉症を悪化させないためにできる日々の習慣・対策3選

それでは早速見ていきましょう!

「静電気が発生しやすい髪型や服装を避ける」

花粉は静電気により身体に吸着しやすくなります。

そのため静電気が発生しやすい服装や髪型は、花粉が多い時期はなるべく避けるといいでしょう。

服装でいうと化学繊維と天然素材の組み合わせは静電気が発生しやすいので、なるべく人工素材同士や天然素材同士の組み合わせにするのが効果的です。
また髪型はロングのダウンヘアが最も静電気が発生しやすいため、気になる方は少し短めにしたりまとめ髪にしたりすると花粉の吸着量を減らせます。

「外出後は服と髪についた花粉を払ってから家に入る」

外出から帰ってきたら、玄関に入る前に髪と服についた花粉を払いましょう。

手で叩いたり降ったりするだけでも表面に付着した花粉は落とすことができますよ。

髪についた花粉も同様手で払うか、静電気が発生しにくい性質を持つ木製あるいは天然毛のブラシを通すと花粉をキレイに落とせます。
花粉は目に見えないので一見あまり効果がないように思われがちですが、叩くだけでも大半が落ちますし何よりも家に花粉を入れないことは症状の緩和のために大切なことです。

「帰宅したら速やかに風呂に入る」

花粉症の症状が強い方は帰宅したら、なるべく速やかにお風呂に入ることをオススメします。

そのまま部屋で寛ぐとベッドやソファなど思わぬところに花粉が付着する恐れがありますし、お風呂に入らない状態では身体に大量に花粉がついたままなので痒みやくしゃみなどの症状も出やすくなります。
お風呂に入れば全身の花粉が落ちますし、湿度が高い環境では一時的に花粉症の辛さも和らぎますよ。

まとめ

以上、花粉症が酷い! 悪化させないためにできる日々の習慣3選の内容でお送りしました。

主に目の痒みや鼻の不快感を引き起こす花粉症は、毎日少し工夫をするだけで症状を和らげることができます。
つらい季節を少しでも快適に過ごすために、日々の生活習慣として上記のことを取り入れてみてください。

デスクワークに多い眼精疲労が辛い!すぐにできる目の疲れを緩和する方法3選眼精疲労を放置すると身体には様々な不調が現れてくる?!眼精疲労を直ぐに緩和する方法3選をご紹介!!...
放置すると危険!?陥りやすい貧血の解決策3選! とお悩みになったことがある方も多いのではないでしょうか。 貧血は身体の構造上男性よりも女性に多くポピュラーな健康トラブルの...
【東京OL】美容皮膚科ならエトワールレジーナクリニック【表参道駅から徒歩5分】口コミやメリット、無料カウンセリングの予約方法は? 肌悩みを解消したくて高い化粧品やエステを受けても、なかなか効果がでないと悩んでいませんか? そんな人にこそエトワールレジーナク...
こんな記事もおすすめ
Translate »